2007年06月25日

定年後、悠々自適への道は遠い?

⇒定年を迎えても、経済的理由で働き続けなければならないなんて、哀しすぎるかも…。

 団塊世代に“定年後の就労”について尋ねたアンケート結果によると、80%以上が「何らかの形で働くつもり」と答えています。その働く理由が、「自分のこれまでの経験、知識を若い世代に伝えていくため」18%とか、「趣味を兼ねた仕事を楽しむため」16%といった、前向きの姿勢ならいいのですが…。約半数の46%は「経済的理由のため」と回答しており、老いても働かざるを得ない悲しい現実が、身につまされますね。これって“働く意欲が旺盛であっぱれ”といえるのでしょうか。
 今年から始まった、団塊世代の大量定年退職者のふところを狙ったサービスや商品開発に取り組む企業が増えています。でもみんながみんなふところが豊かな分けがなく、食べるために働かざるを得ない定年退職者が、巷に溢れているのです。確かに団塊世代の人口比は高い。しかし同じ団塊世代でも、60歳を迎えたときには個々それぞれで、もう取り返しがつかない大きな差がついているのでは…。ですから「団塊マーケット」とひとくくりに考えるのではなく、もっと細かい対応が必要になるのではないでしょうか。でも経済的理由で働かざるを得ない人にとっては、「団塊マーケット」なんて幻想かも知れませんね。悲しいけど…。
posted by ベビーブーマー48号 at 06:24| Comment(6) | TrackBack(0) | シニアマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。