2007年06月20日

なぜ男が85cm? 揺るぎ始めた「メタボ基準値」

⇒メタボリック症候群は放置すると糖尿病や心臓病などの生活習慣病につながりかねないと、近頃なにかと騒がしいメタボ騒動ですが…。

 メタボリック症候群のウェスト基準値「男性85センチ、女性90センチ以上」は、日本内科学会など8学会の委員で構成されたメタボリックシンドローム診断基準検討委員会が2005年に発表したもの。この基準値は日本独自のもので、欧米やアジア諸国との基準値とは異なっています。これが定められた当初から、数字の根拠が曖昧とか、女性に甘い基準はおかしいとか、様々な疑問が出されていました。しかしもはや数字だけが一人歩きし「男性85センチ以上」が“定説”となりつつあります。
 そんなわけで、もともとこの数字に批判的だった国際糖尿病連合/IDF(日本を含む約160の国・地域が参加)は、これまでの日本のウェスト基準値を異なる「男性90センチ、女性80センチ以上」という独自の日本人向け基準を決めたそうです。生活習慣病の発症には人種による違いがあるとか。このため、IDFも主な地域や国ごとにウエスト値を設定した基準を2005年春に定めました。 そのとき日本人向けは、現在の日本の基準値と同じ「男性85センチ、女性90センチ以上」を採用しました。
 このIDFの国際ウェスト基準によると米国は「男性102センチ、女性88センチ以上」、ヨーロッパは「男性94センチ、女性80センチ以上」、中国・南アジアは「男性90センチ、女性80センチ以上」となっています。やはり国際的に見て、女性の腹囲のほうが男性より大きい国はありません。そんなこんなで異論が出て、今回IDFは日本人向けを「男性90センチ、女性80センチ以上」に改めためたのだとか。
 5月11日の当ジャーナルでもお伝えしましたように、メタボリック症候群を巡っては「高脂血症」の名称が消えるなど、内容の見直しが出てきています。今回のウェスト基準値ような“改善”(?)はいいけど、これまで血圧にしても、コレステロール値にしても、だんだん正常値のハードルが高くなっているように感じるのは、私の気のせいでしょうか?まさかこの背景に、何か隠れているんではないのでしょうね。病人を増やして薬をどんどん出そうとか…。
posted by ベビーブーマー48号 at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。