2007年05月29日

中高年「男子、厨房に入るべし!」(多忙につき過去ネタで)

⇒以前の当ジャーナルで、男の料理道具「ダッチオーブン」を紹介させてもらいました。最近発表された東北大と大阪ガスとの共同研究によると、計画を立てたり判断したりする脳機能の向上に、料理が非常に役立つことが分かったそうです。

 脳の前頭前野は人間の知的活動の中枢で、「脳の中の脳」と呼ばれているとか。この部分の機能が衰えると、思考をコントロールできない、物事が判断できない、どこに行くのか分からない…などの認知障害が起こるそう。そのため、この部分の機能を正常に保つことが、認知症(痴呆症)の予防に重要とされています。普段良く料理をしている女性の、調理中の脳の動きを光トポグラフィを使って観測すると、献立を考えたり、包丁を使ったり、いためたり、盛り付けしたりしているいずれの時にも、前頭前野が活発に動いていることが確認されたそうです。
 また、料理経験がほとんどない中高年男性に3ヵ月間、料理講習会に参加してもらい、米をとぐ、魚をさばくといった初歩的な調理方法を学んでもらいました。そして自宅でも毎日料理をするという宿題をこなしてもらい、講習の全コース終了後、脳機能を調べるテストをしたところ、講習前より平均5ポイント、前頭前野の機能が上昇したとか。料理をしなかった男性には、変化がありませんでした。
 この研究結果によって、「料理は脳の働きを良くする」と言われていた俗説が科学的に実証されたわけですから、中高年男子たるもの、まわりから嫌がられるほど元気で長生きするために、大いに厨房に入ろうではありませんか。もちろん「ダッチオーブン」を駆使して、アウトドアクッキングに挑戦するのも良し。「人生は60歳からがおいしい!」…かな?
posted by ベビーブーマー48号 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。