2007年05月27日

娘はお父さんが好き?(休日につき過去ネタで)

⇒汚いとか、だらしないとか思われ、娘に嫌われているのでは…とお悩みのお父さん、意外と娘は父親が好きなようです。

 ちなみに年頃の娘をお持ちの団塊世代のお父さんは、いつまで娘と一緒に風呂に入っていましたか。夕刊フジが昨年、全国の女性(12−29歳)1488人を対象に実施した「父親について」の調査によると、「小学校低学年まで」(50%)、「小学校に入る前まで」(22%)、「小学校高学年まで」(11%)という結果だったとか。残りの17%の中には、もしかして、中学、高校まで一緒に入っていた…という仲良し父娘もいるのかも。
 さて「父と娘」といえば、最近では横峯さくらと横峯良郎さん、アニマル浜口と浜口京子さん父娘が有名ですが、一般の娘たちは父親のことをどう思い、何を期待しているのでしょうか。 同調査では、最初にズバリ、“父親が好きか/嫌いか”の質問をぶつけてみたところ「好き」が71%、「嫌い」は29%と意外な(?)結果が出たそうです。これを年齢別に見ると、10代では65%が「好き」なのに対し、20代では76%。大人になるにつれて父親が好きになっていくのは、父親の気持ちがわかるようになるということかもしれませんね。そんな中、15歳の回答だけが好きと嫌いが同数、つまり半数が「父親が嫌い」と突出しているのが目につきました。やっぱり少女から大人の女になる時期の15歳は、心理的にもなかなか複雑なものがあるようです。
 “父親のどこが嫌いか?”の上位には、「酔うとうるさい」(12%)、「小言ばかりいう」(9%)、「だらしがない」(9%)と、なかなか手厳しい意見が並んでいます。「一方的にしかる」「怒鳴る」が、ともに5%と少なかったのは、最近では昔の雷オヤジタイプが絶滅して、“やさしいお父さん”が多くなったためでしょうか。この質問に対する回答のトップが「嫌いなところはない」(20%)だったのは意外ですが、「父親好き」のほうが多いことも考えると、お父さんは十分に自信を持ってもいいのでは…。
 娘にとっての“父親の理想像”は、「家族思い」(52%)、「頼りになる存在」(50%)、「やさしい」(34%)がトップ3。いま「人は見た目が9割」という本がベストセラーになっていますが、一緒に生活している父親の場合、「ルックスがいい」(11%)、「おしゃれ」(14%)、「社会的地位が高い」(4%)といった外見よりも、やはり内面が重要なようです。 “父親と話したい話題”は「趣味について」(31%)、「将来について」(27%)、「家族について」(26%)などが多かったそうです。でも「話したいことはない」という回答も26%あったそうで、こう答えた娘はやっぱり「父親が嫌い」というわけでしょうか。もしあなたが、そっちのグループに入っていたら、ちょっぴり悲しいかも。
posted by ベビーブーマー48号 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 団塊トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。