2007年05月21日

韓国で「禁煙村」誕生

⇒村を挙げて喫煙撲滅。韓国中部の農村、下宮元里村では「禁煙村宣言」を出したそうです。

 72世帯148人のこの村の喫煙者は16人。近頃この村の喫煙者全員が、近くの唐津郡保険所に禁煙誓約書を提出しました。村のあちこちには禁煙を誓う垂れ幕が掲げられ、保健所も定期的に禁煙補助剤を配ったり、血液検査をしたりして応援しているとか。この「禁煙村宣言」は、住民が“自発的”に取り組んでいるもので、「今じゃ、喫煙者は韓国で人間の扱いを受けないから」と禁煙継続に意欲を燃やしています。もっとも現在までに、「たばこがないと生きていけない」と離脱した男性も2人いるそうですが…。
 韓国統計によれば2006年の男女喫煙率は27.3%で、世相に押されて下降傾向にあるよう。今朝(5/21)のニュースによると、2005年の日本の男性喫煙率は39.3%で、調査を始めた1986年以降初めて4割を切ったとか。女性は11.3%でしたが、20年前の喫煙率は8.6%だったので、逆に増加傾向にあるのが不思議です。う〜ん、なんでやろ。というわけで日本も、男性の禁煙者が増えているので、韓国同様、男女喫煙率は24.2%とやはり下がっています。
 まだたばこがやめられない愛煙家のご同輩、日本でも喫煙者は人間扱いを受けない時代が、もうそこまで来ています(JTさん、ゴメンなさい)。ニューヨーク市民の喫煙率は19%。自宅以外の建物の中でたばこの吸える場所はまずないそう。レストランやバーなども例外ではなく、たばこ一箱が900円近くするのも、禁煙に拍車をかけています。日本はたばこが安すぎるのでは。日本でも500円以上にして欲しいものですね。
posted by ベビーブーマー48号 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。